検索
  • 圷 多都

日本語学校卒業

2020年度はオンライン授業から始まって、夏休み明けに対面授業+ハイブリッド授業(ライブ授業)に変わりました。教師生徒全員が机を除菌シートで拭いて手の消毒そしてマスク着用、教室の窓は全開に・・・と前代未聞の環境の中での授業を2月末まで行いました。

その学生たちが卒業します。

今年度私の受け持ったクラスは国籍問わずみんな仲良く賑やかで熱心な学生たちが多いクラスでした。日本語を共通語として話し友達となり、、、私も海外にいた20代のころの自分を思い出しました。

人に伝えることができる言葉ってすごい!って日本語を教えながら感じます。最近SNSで誹謗中傷についての記事を見ることが多くなりましたが、言葉そして伝えるという原点に振り返ってほしいと感じます。


今年はコロナ過で受験生のご家族は気を使われて過ごしたことと思います。この時期を乗り越えることができる人間が選ばれて生まれてきたのだろうと思います。だから大きく世の中を変える人たちなのでしょうね。

卒業前に学生にも話しました「この時期に生まれてきたのは理由がある。みんなが社会を変えていくんだよ。」って・・・。


卒業おめでとう。 

またお会いしましょう。





20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示